Report: ヨガリトリート in 館山

Report: ヨガリトリート in 館山

 

2022年11月26日に1泊2日で、ヨガリトリートを開催しました。

山と海に囲まれ、空気が食べ物がとても美味しい館山で♡

 

リトリートのテーマは

Face yourself 自分と向き合うこと
Be yourself ありのままでいること
Love yourself 自分を愛すること

 

そんなヨガリトリートレポート!

(今更レポート?なんて声は受け付けません、笑)

 

 

各自新宿駅集合で、そこからはみんなでレンタカーを借りて

一緒に館山まで。

運転は参加者の一人であるフランシスコが往復してくれました!

(本当に助かりました、ありがとう!)

 

 

1日目は天からの恵み☂️がしとしと、というかザーザー

またこの雨が良い味を出してくれた

館山到着、まずは早速昼食。百姓屋敷じろえむさんで。

 

築300年の古民家で頂く、

新鮮な有機野菜、有機米、平飼いの有精卵、、、これがリアルオーガニック食♡

 

 

  

心がほっこり幸せになる、自然の恵みを感じて、感謝が溢れるお味。

たそがれまいちゃん♡後ろのテレビが時代を感じさせますな笑

 

 

ステイ場所も築300年の古民家。

ヤマナハウスさん。

到着したら、皆さんで出迎えてくれて、温かい♡

 

食休みして2時間ヨガタイム。

2時間みっちりヨガする事なんて、こういう時じゃないと、なかなかないのよね

哲学から入って、呼吸もしっかり整え、アーサナへ。

自分を感じる時間。自分を整えていく時間。

 

 

 

 

 

夕食は地元のお野菜をみんなで調理!

農薬を一度も使用していないと土地から取れた味がとっても濃いお野菜たちです。

その日の朝採れたばかりのお野菜を持ってきてくださって!!!嬉しい、、、

 

そしてジビエ!!!

ヨガリトリートなのに?お肉食べましたよ!

 

ヨガ哲学の中に非暴力(アヒンサー)という考えがあります。

生きとし生けるもの、すべて(自分を含め)傷つけてはいけないよ。というもの。

だからこの考えに従って、ベジタリアン、ヴィーガンになるヨガの実践者も多いですよね

 

でもヨガの経典の中では、お肉、お魚は食べていけません、

とは書かれていない。

この教えをどう捉えるかは、人それぞれでOK。

 

私は感謝して、お肉もお魚も有り難く頂いています。

 

 

で、今回なぜジビエを夕食メニューにしたかというと

自然と共存する、を感じて欲しくて。

 

イノシシたちは食料を探しに、畑に降りてきて

農作物を荒らします、農家さん達は荒らされては

もちろん困るので、害獣として、イノシシは駆除されてしまいます。

 

かわいそうといって、駆除しなければ、農作物は駄目になり

困るのは、私たち。

 

ただ駆除されてしまうのであれば、

有り難く命をいただきましょう。という事で、ジビエ。

 

ジビエの普及活動をしている南房総バーベキュー協会の副会長の

高橋さんの元、美味しい美味しいジビエを頂きました。

 

自然と共存していくお話も学びたっぷり、

そして美味しすぎたジビエ、最高でした!

 

高橋さんのキャラも最高で。笑

  

山芋、まさかの皮まで食べれるとは、びっくり!

お米も御釜で炊きたて!

美味しい〜の声が止まらない。

パソコンもスマホもテレビにも触らない、五感で味わう夕食。

 

 

夜はみんなで火を囲んで、語る会。?

星空も綺麗で、ぼーっと眺めては、今度は火をぼーっと眺めて。

普段こうして何もしない時間、楽しむ事忘れていがち。

必要ないのに、スマホスクロールしているでしょう。

ここに生きる。今を感じる。そんな時間。

 

 

 

 

2日目のスタートは、6時半から90分朝ヨガ。

アシュタンガスタイルで、1ポーズ4呼吸ずつ。

呼吸が深まる事で、瞑想状態にも入りやすい。

ピリっと少し寒い澄んだ空気の中で、みんなの熱気が徐々に高まっていく〜

 

 

シャバーサナの後、瞑想に入るメンバーと

朝ごはんを進んで、作ってくれているメンバー。

既に役割分担できている!笑

朝から御釜で炊いたお米とお味噌汁。シアワセ。

 

朝食後は里山保存食作り!

自宅に帰っても使える食材を余す事なく使う知識と技術を

出張女将より学んだよ。

 

まずは古民家の裏の山を散策して、お山の説明をしてもらって。

女将着物姿なのに、ずんずん山を登るんだもの、さすが!

 

古民家に戻って、今回は柚子胡椒とポン酢作り。

ひたすら柚子の皮を剥いたり、作業するみんなは真剣すぎて、ちょっと笑えたよね笑

  

 

食べれるのは2,3ヶ月後!

やっと最近食べ始めたら、まあ、とっても美味しい。

みんなの手作りだから、美味しさも倍増?

 

 

その後はみんな自由行動。

山の中で太鼓を叩く人はいるわ、

お昼寝する人もいるわ、自然の中で解放〜!

 

 

 

そして最後は、みんなで輪になってジャーナリングの時間。

自分がどうなりたいのか、自分は何をいま感じているのか

本当はどうしたいのか、

一番大切だけど、なあなあにしていってしまう部分。

 

それぞれの思いを綴ってもらいました。

 

 

 

今回のリトリートスマホ使用禁止(ほぼ)。

 

普段いかにスマホ中毒になっているかに気づいたり

自分の声を聞くのを忘れていたり、、、

自然の中で思い出す、小さな事への感謝の気持ち。



ボタンひとつで電気がつく、火がつく、
それだって当たり前じゃないということ。

雨が降る、天からの恵みも、太陽がサンサンなのも

当たり前じゃないということ。


敏感に感じ取って、有難いな〜と思う気持ち
忘れないようにしないとね


新鮮な空気に、朝採れたてのお野菜に
地球の恵みに、ヨガと哲学で
自分と向き合う時間、Beingする時間がたっぷり取れたはず🌿

 

新宿に帰ってきた時のみんなの一番最初の反応は

「空気くさ!」でした笑





参加を決めてくれたみんなのお陰で
みんなのエネルギーのお陰でこうして素敵なリトリートになりました❤️

本当にありがとう❤️






そしてこのリトリートをサポートしてくれていた
館山に移住されたかおるさん。
彼女がいなかったら館山というチョイスはなかった!⁡


素敵なダンスを披露してくれた
南房総バーベキュー協会副会長の高橋さん

(もちろんジビエも)


着物姿で山の中をズンズン進んで、
無駄のない食材の使い方を教えてくださった
出張女将の木村さん

そしてヤマナハウス の皆様

本当にありがとうございました。

 

 

今年2023年もヨガリトリートします!

案はあります笑

 

ご一緒できる方々、楽しみにしております〜♡

 

 

love, yurina 

 

コメントを残す

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。